印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


インプラントと患者様の未来を考える「荒瀬歯科医院」

HOME > Sterilization


荒瀬歯科医院では、どうしたら安心で安全な医療を提供できるか?と言うことに真剣に取り組んでいます。基本的に「患者様の口の中に入るものは全て滅菌」です。これを言うのは簡単なのですが、実際に実行するとなれば色んな面でハードルが高い事が解ります。
第1にコスト。保険診療の基本的な再診料では先ず赤字になってしまいます。
第2に手間ひま。スタッフの手を取られます。また、滅菌が上がるまで患者様を誘導できない場合も在ります。
色んな困難は在るのですが【患者様の安全第一】はこれからも変わりません。

荒瀬歯科医院の滅菌設備の概要をごらん頂けます。 左側の各画像は、クリックにて拡大・全景を見る事が出来ます。

ハンドピース滅菌器

ハンドピース滅菌について
当院では患者様の口の中に入る物は全て使い捨てか滅菌としております。

中でも口の中で直接歯を削るハンドピース(タービンやコントラ)は血液の暴露にあったり2次感染が最も心配なところ。
当院では一般的歯科医院のその一歩先を行く「全てのハンドピース(タービンやコントラ、ストレート)を国際基準のSクラス滅菌器で完全滅菌」を行っております。


基本セット

基本セット
当院では、患者様に直接触れる道具や材料、その他の物を他の患者様と交差しないようにし、院内感染予防に努めております。

1)基本セットは患者様1人づつの滅菌パックで滅菌。
2)形成用のバーセットも、用途に合わせたセットで滅菌。
3)ヘッドレストカバー、うがい用コップも患者様ごとに使い捨て。


口腔外バキューム(吸引装置)

フリーアーム・フォルテTF
当院では患者様の切削紛やスケーリングの際の飛沫などで院内環境を汚染する事のないように、各ユニットに備え付けのセントラル式口腔外バキュームを装備しております。
一般的な移動式に比べ各ユニットに備え付けなので、移動の手間がなく、移動が面倒だから使わないと言う事が起きません。いくら装備品としてあっても、使わないのでは意味がありません。

形成時、スケーリング時など、使用時には多少音がうるさくなりますが、患者さんご自身を含め、院内にいる全ての人の感染防止の為、ご協力をお願い致します。


バーセット

バーセット
歯の治療で欠かせない物はコレだと思います。見方によっては痛そうなのですが。。。患者さんの口の中に直接触れる治療器具となります。
当院では、全てのバーを消毒・清掃した後に、セットとしてパッキングし、患者様ごとに新しい滅菌済みのセットを使います。


スケーラーセット

スケーラーセット
歯周病治療で歯の根っこの掃除に欠かせない「ハンドスケーラー」も用途ごとのセットをつくり、セットごと滅菌をする事により、完全な滅菌を目指しております。


印象用寒天シリンジ

印象用寒天シリンジ
さあ、これはなんでしょう?注射器?にてるけど、ちょっと違います。今や麻酔用の注射器を滅菌してない病院はあり得ないと思うのですが、盲点はコレ。。。歯の型取りをする時に温かい「寒天」という材料を押し出す道具です。大抵の病院ではあまり滅菌をしませんが、当院では「患者様の口の中に入るものは滅菌する」という大前提の元に、印象用シリンジも滅菌しているので、これだけの本数が在ります。


バリアフィルム

バリアフィルム
さてバリアフィルムとは何でしょう?その名の通りバリア(=保護する)フィルム(=被膜)なのですが。。。術者やアシストが診療中に触りそうな部分にあらかじめ貼付しておくフィルムの事です。
なぜ、このような物が必要かというと、診療中に患者様の口腔内を触った手(グローブ)でライトなどを触ってしまうとそのハンドルに細菌や出血を残してしまいます。その次の患者様をご案内して他がいくら清潔でも、ライトハンドルなどが汚染されてるとそこを触ってしまえば、結局は患者様へ2次感染を起こしてしまいます。

これの貼付の為に患者様をすぐにご案内出来ないなど、じれったい事や、手間ひま・コストは掛かりますが、安全第一です。


ディスポーザブルメス

ディスポーザブルメス
当院ではこんな物まで使い捨てですが、メスは直接出血や体液に触れる為に最も高度な感染予防管理が必要であると考えています。
当院のメスはコストは掛かるのですが、刃先収納式。。。これは片付けの際にスタッフが怪我をしないように、と言う配慮でもあります。
このディスポーザブルメスは大病院のオペ室で使われているものと同じです。


個包装滅菌済み消毒用ヨード綿球

個包装滅菌済み消毒用ヨード綿球
コレを導入するにあたって、スタッフから「院長大丈夫か?」と心配されたくらい歯科では馴染みの無い消毒用ヨード綿球ですが。。。(笑)
傷口を消毒するのに滅菌状態の物を使うのは医科の世界では常識です。世界標準の滅菌体制です。














8-9月の荒瀬歯科医院院内音楽









<日本歯科医療相談センター>
当院は会員となっております。
当院での診療やその他、ご不満な点
あるいはお褒めの言葉など、
直接言いにくい事は、何でも構いません
センターに連絡してください。
通話は無料です。

0120-922-616


荒瀬歯科医院LINE公式アカウントが誕生!!
携帯からは以下のQRコードで!


友だち追加